ネゲブ砂漠 /イスラエル南部

 

見渡す限り、茶色の岩砂漠。砂漠の無機質な風景の中で、美しく澄んだ青い空の下。自然の威厳を感じる、長さ40kmの驚くほど巨大なクレーター。クレーターの淵には宇宙と通信しているかのように、目をつむり居座る人々。現実から離れてゆっくりと想いを馳せたくなる雄大さ、ここはネゲブ砂漠のミツペー・ラモーン。

 

エルサレムから車で南に2時間半。エルサレムの歴史深さからは一転、ネゲブ砂漠では自然の神秘的な美しさに魅了されます。ミツペー・ラモーンは1億年以上も前に地殻変動や雨の浸食でできた巨大なクレーターです。クレーターの淵は柵で覆っていないため、覗き込むとそこには高さ数十メートルの崖!今にも落ちてしまいそうでドキドキ!します。

 

ここでは年にわずか30日ほど”奇跡の絶景”を見ることができます。日の出と共に大量の霜が降り注ぎ、まるでクレーターに雲が吸い込まれているような壮大な風景。沢山の人々がこの奇跡の絶景を見るために、何度もこの場所に足を運びます。

 

ミツペー・ラモーンのすぐ近くには、動物好きは必見!のイスラエルで唯一のアルパカファームがあります。アンデス山脈でアルパカに一目ぼれしたオーナーが、ミツペー・ラモーンにアルパカを連れてきました。ここのアルパカは他の国のファームに比べて寿命が30%も長く、世界で最もアルパカを繁殖させているファームのひとつになりました。柵に入らずに自由に動き回る沢山のアルパカにエサをあげたり、一緒にお散歩して楽しむことができます!人懐っこいアルパカに終始癒されて、ここで暮らしたくなりました! 実はアルパカだけではなく、リャマや馬も飼っており、馬に乗りながらミツペー・ラモーンを周ることもできます!かなりゴツゴツの斜面を馬に乗りながら進む、スリリングな大冒険にドキドキ!しました。馬に乗って砂漠に沈む夕日を眺めると、まるで映画の主人公になったような気分になります。

 

普段は非常に乾燥したネゲブ砂漠ですが、春になると、雨期に貯めた雨水で砂漠が一転!一面が美しい花畑になります。私が春に訪れた際は、青々とした芝生に黄色いデイジーが沢山咲いていて夢みたいな景色が広がっていました。

 

さらにネゲブ砂漠は夜も素晴らしい景色を楽しめます。砂漠には人工的な光がひとつも無いため、日が沈むと空に満点の星空が現れます。こんなに沢山の流れ星を見たのは初めてです。この機会に、流れ星に何度もお願い事をしました!星空に囲まれたロマンチックな夜を過ごせます。

 

ここでは夢のような絶景に何度も出会えます!自然の神秘を堪能し、可愛い動物とも触れ合い、心身共に癒されに是非とも訪れてみてくださいね!

 

※ラジオエッセイ “ドキドキ!HOLY LAND STORY for you(遊)” より引用

Essay by 松井葉月 Hatsuki Matsui

ネゲブ砂漠を巡る旅

イスラエル南部、ネティボットというガザ地区の近くにある町で作られているオーガニックコスメ。 コスモス/COSMOS認証(欧州のオーガニック認証)を取得…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial