ラマッラ―

パレスチナ自治政府は独立後の首都をエルサレム(東エルサレム)と主張しているが、エルサレムはイスラエルの実効支配下にあるため、事実上の最高統治機関であるファタハ系の議長府はラマッラーに置かれている。

「ラーマッラー」は「至高の神」を意味するアラム語をアラビア語に投影したもので、日本では「ラマッラー」「ラマラ」「ラマッラ」とも表記される。報道機関では「ラマラ」と表記されることが多い。また、ヤーセル・アラファートは、エルサレムへの埋葬を希望していたがラマッラーにおいて埋葬され、墓もラマッラーにある。

人口は2014年時点で約33,200人。

標高はエルサレムよりも高い約900m。 夏は30度前後になるが乾燥しており過ごしやすく、冬は日本の秋ぐらいの気候である。

ラマッラ市内は起伏が激しいため、基本的に自家用車またはタクシーで移動する。

シティーセンターのみならば徒歩で移動できる。

他の都市へはバス、またはセルヴィス(乗合タクシー)で安価に移動できる。バスやセルヴィスはシティセンターから出ている。

 

ウィキペディアの執筆者,2018,「ラマッラー」『ウィキペディア日本語版』,(2018年12月23日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC&oldid=71047528).

ラマッラーを巡る旅

ケーキ、ドーナツ、エクレア、マカロンetc...様々なスイーツを提供しているラマッラーのカフェ。 たくさんの種類があり、毎回どれにしようか迷ってしま…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial