【保存版】パレスチナ自治区 Banksy/バンクシーアートの場所・地図

情報が錯綜するパレスチナのバンクシーアート

 イスラエルとパレスチナを分断する、国際法上違法に設立された分離壁に描かれてきたバンクシーアート。非常に緊張感のある切実な環境に現存するバンクシーアートを見ることができる点は、アート好きな人にとって、この地を訪れる大きな醍醐味のひとつ。

 しかしながら、実際にどの絵画が本物なのか現地のガイドでも理解していない。タクシーの運転手にバンクシーアートのツアーを組んでもらっても、バンクシーと全く関係が無さそうな絵画に案内されガッカリすることもある。

 そこで筆者はバンクシープロデュースの公式ホテル”Walled Off Hotel“へ、独自に問い合わせた。問い合わせから数日後、ホテルのマネージャーであるWisam氏から、”現存していると公式に認知している絵画”について返答を得ることができた。

 

パレスチナ自治区に現存する本物のバンクシーアートは5点

公式な回答によると、パレスチナ全土において現存する本物のバンクシーアートは下記の5点とのこと。

その他の作品については認知していないとのこと。

他のバンクシー作品と言われているものは偽物なのか、都合があり公言できないのかは言及しなかった。

①Flower Thrower

ガソリンスタンドの脇に描かれた、パレスチナのバンクシーアートを代表する大きな絵画。

ベツレヘムの中心部からは少し離れるため、タクシーを利用するとよい。

【地図】

②The Dove of Peace

Walled Off Hotelから、徒歩でアクセスできる保存状態のよい絵画。

Palestine Heritage Centerの横にある壁に描かれている。

目立つ位置に描かれているため、心の準備なく突然目の前に現れて驚く。

【地図】

③Girl Frisking The Soldier

ベツレヘムの高級ホテル Jacir Palace Hotelの向かいに位置する土産物店の中に保管してある。

こちらもWalled Off Hotelから徒歩でアクセスできる。

絵画の見物のみでも問題ないが、マグネット1点でも購入すると、電気をつけて見やすくしてくれたりする。

【地図】

④Angels

Walled Off Hotelオープンの際(2017年)に描かれた新しい作品。

ホテルを背に左に進むこと十数メートル。

目の前の分離壁を見上げると、こじんまりと描かれている。

公式に現存を認められているバンクシーの絵画のなかで、唯一、本物の分離壁に描かれている。

【地図】

⑤Peace On Earth (見学不可)

アルメニア正教会が所有する生誕教会のドアに描かれた作品。

ドアはミルクグロットの正面に位置していた。

現在は描かれたドアは撤去され、地下倉庫に保管されており見学不可となっている。

Peace on Earthという文字の下には※Terms and conditions apply (ただし利用規約が適用される)

と皮肉な一文が描かれている。

【地図】

以上、5点の絵画が現存するが、①~④までが見学可能。

明るい時間帯に見学することを勧める。

Casa BRUTUS 2020年3月号 バンクシーとは誰か。

より充実した解説を読み、しっかりと予習をしたい人には

Casa BRUTUS 2020年3月号 【バンクシーとは誰か。】

を読んでほしい。

どんな現地ガイドよりもBanksyのホテルや絵画の解説が詳しい。

ちなみに殆どのパレスチナ人はバンクシーに興味がないので、

パレスチナ人に詳細を尋ねることはおススメしない。

Please follow and like us:
Hatsuki Matsui
  • Hatsuki Matsui
  • Doki Doki Holyland Mapの管理者。

    日本で化粧品会社のマーケティング・PR業務を経て、2017年末より家庭の事情でエルサレムに居住中。
    現地では日本文化のイベントや子供向けワークショップを開催したり、Courrie japonやラジオ番組等へ現地についての記事やエッセイを寄稿している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial