Battir (バティール)

ベツレヘムの西に位置する、世界遺産に認定されたオリーブ畑。

ローマ時代に作られた貯水池等が残っている。

イスラエル側がバティールに分離壁を建設する計画を立て、

2014年にユネスコが世界遺産に緊急登録した。

運が良ければ(開いていないことも多い)

お土産を販売していたり、バティールの歴史を学べるエコミュージアムが開いている。

しかし、バティール村をさらに奥まで進むと、ハイキングロードが現れ、

オリーブ畑に囲まれた絶景を心ゆくまで楽しむことができる。

【参考記事】

2月23日【ベツレヘム】キリスト生誕の地②聖地からバッティールにかけて

【営業時間】

明かりがないので、暗くなる前には出る。

Hatsuki Matsui
  • Hatsuki Matsui
  • Doki Doki Holyland Mapの管理者。

    日本で化粧品会社のマーケティング・PR業務を経て、2017年末より家庭の事情でエルサレムに居住中。
    現地では日本文化のイベントや子供向けワークショップを開催したり、Courrie japonやラジオ番組等へ現地についての記事やエッセイを寄稿している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。