オリーブ山 / Mount of olives

東エルサレムに位置する丘陵。

頂上からエルサレム旧市街を一望することができる。

オリーブ山の麓にて、イエスが弟子に向けて最後の説教を行ったとされるため、キリスト教の重要な聖地となっている。

旧約聖書にて最後の審判が下される場所とされているため、オリーブ山は墓地に囲まれている。

麓から頂上にかけて、教会や遺跡並んでいるため、じっくり観光するならば一日がかりとなる。

勾配が強く大変な道ではあるが、体力に自信があり時間をかけても良い人は、旧市街のライオン門近くのAl-Mansuriyaストリートから入ると、

ゲッセマネの園→万国民の教会→マグダラのマリア教会→主の泣かれた教会→預言者の墓→頂上まで

遺跡を辿りながら登ることができる。

徒歩で登ると、趣のある道のなか、後ろを振り向くと岩のドームがそびえ立ち、横を見るとユダヤ教の墓が並び、エルサレム感を満喫することができる。

かなり疲れるので遺跡ごとにしっかり休憩する。夏場は帽子と水分が必須。

時間のない人はタクシーで回っても十分に楽しめる。

頂上に土産物屋があるが、旧市街のお土産と内容はほとんど変わらない。

【営業時間】頂上からの景色はいつでも見ることができる。夜はかなり暗くなるため車で訪れた方が良い。

Please follow and like us:
Hatsuki Matsui
  • Hatsuki Matsui
  • Doki Doki Holyland Mapの管理者。

    日本で化粧品会社のマーケティング・PR業務を経て、2017年末より家庭の事情でエルサレムに居住中。
    現地では日本文化のイベントや子供向けワークショップを開催したり、Courrie japonやラジオ番組等へ現地についての記事やエッセイを寄稿している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial