エリコ/Jericho

 

世界で最も標高が低い

エルサレムから東に車で40分。標高800mから、砂漠の岩山をどんどん下っていきます。海抜ゼロメートルの看板を越え、海抜下260mへ。 すると、突如たくさんの木々やフルーツ畑が現れます。丘を見渡せば遊牧民族ベドウィンが連れている、羊の群れがのんびりと歩いています。 ここは泉が湧き出る砂漠のオアシス、パレスチナ自治区のエリコ。世界で最も低い場所にある町です。

クレオパトラがプレゼントされた町

 

エリコは死海の北の端に位置する、大変歴史深い町です。紀元前8000年前の住居跡が発見されており世界で最も古い町とも言われています。エリコには「スルタンの泉」というオアシスがあり、古代から人々が集まってきました。ローマ帝国のアントニウスが、愛人であるクレオパトラにエリコの土地をプレゼントしたという言い伝えもあります。町をまるごとプレゼントするなんて、想像しただけでドキドキしますね!

 

エリコで悪魔に誘惑されたイエス

 

そして、イエス・キリストもこの地に非常にゆかりがあります。イエスはここエリコの山で、40日間断食をしている時、悪魔に誘惑されました。悪魔は「私にひざまつくのであれば、この世界をあなたにあげましょう。」など断食中のイエスをあらゆる手を使って誘惑します。しかしイエスは耳を貸すことなく、誘惑する悪魔を撃退したと言われています。

このエピソードから沢山のキリスト教の方々がこの誘惑の山に訪れます。現在、誘惑の山へはロープウェイで登ることができます。この山の頂上から見る景色はまさに絶景です。

誘惑の山の頂上にある洞窟では、イエスの真似をして断食をして瞑想する人々に出会います。暗い洞窟なので、私はそこにいるだけで、悪魔が出そうで怖くてドキドキします。

 

 

エリコの名産品

 

エリコではデーツやはちみつなど、美味しい名産品にも出会えます。デーツとはナツメヤシの実のことで、蜜芋を思わせるようなねっとりとした食感と濃厚な甘みが病みつきになります。ムハンマドも断食の後にはまず一口目に、滋養に優れたデーツを食べていたそうです。

 

私は悪魔の誘惑ならぬ、甘~いデーツの誘惑には勝てそうもありません。長い歴史に思いを馳せつつ、美味しいデーツを食べながらエリコを探検してみましょう!

 

 

※ラジオエッセイ ドキドキ!HOLY LAND STORY for you(遊) より引用

Essay by 松井葉月 Hatsuki Matsui

エリコ(イェリコ、ジェリコ、アラビア語ではアリーハー、アラビア語: أريحا‎、ヘブライ語: יְרִיחוֹ‎、Jericho)は、パレスチナ東部のエリコ県の県都。 2014年の人口は2万2000人。

死海の北西部にある町。古代オリエントの中でも古い町で、紀元前8000年紀には周囲を壁で囲った集落が出現した。世界最古の町と評されることもある。世界で最も標高の低い町でもある。

エリコは、死海に注ぐヨルダン川河口から北西約15kmにあり、現在はヨルダン川西岸地区に含まれる。海抜マイナス250mの低地にある。「スルタンの泉」と呼ばれるオアシスがあり、人々が住み着いた。エリコの名前は『旧約聖書』にも繰り返し現れ、「棕櫚(しゅろ)の町」として知られていた。

世界一標高が低い町と言われており、標高は-260m。 夏は40℃にものぼることがあり、 帽子と水分が必須である。 冬は日本の秋くらいの気候である。

エルサレムからタクシーで移動する場合は、検問所を通過するため、200シェケル程はするだろう。アラブ人のタクシードライバーのみ対応できるので、旧市街がある東エルサレムでタクシーを拾うと良い。乗合タクシーが出ている場合は比較的安価で訪れることができる。

遺跡ごとの徒歩での移動も難しく、 タクシーを利用した方が良い。 

エリコを巡る旅

パレスチナにある日本が支援している「ジェリコ(エリコ)農産加工団地」にて生産されているオーガニック石鹸ブランド。 パレスチナでとれた良質なオリ…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial